The Chiheisen News 2019-02

■『地平線カレンダー2019.4〜2020.3』、完成しました。
なんとか、3月の地平線報告会に間に合いました

カレンダー表紙刊行が遅れていた「地平線カレンダー・2019.4〜2020.3」、ようやく完成しました。今回のタイトルは『猫翳礼讃 byou ei rai san』。同名の個展「長野亮之介・猫絵展3」(3月1日〜5日)で展示して好評をいただいた「切り絵」のシリーズです。4月始まりなので、来年3月まで1年間フルに使えます(ちなみに、ちょうど4月と5月は新旧の元号が入れ替わる時期なので、1枚目の「引越猫」では平成と次の元号が並ぶことになります)。

判型は例年と同じA5判(横21cm×縦14.8cm)、全7枚組。頒布価格は1部あたり500円。送料は1部140円、2部以上は185円。

お申し込みは、以下の申込書を切り取って「 」までメールでお送りください(リンクをクリックすると、送付先アドレスを取得した新規メールが開きますので、キリトリセンの内側をコピーして必要事項を埋めて送信してください)。

お支払いは、郵便振替で。カレンダー到着後にお願いします(振込用紙を同封します)。いきなりご送金いただくのではなく、かならず先にメールや葉書で申し込んでください。「郵便振替:00120-1-730508」「加入者名:地平線会議・プロダクトハウス」。お手数ですが、通信欄に「地平線カレンダー代金」とご記入いただけると助かります。代金の振り込みは、カレンダーが到着してからでけっこうです。後日、地平線報告会の会場でお支払いいただくのでも、もちろんOKです。

地平線カレンダー2019.4〜2020.3
猫翳礼讃(byou ei rai san)

 判型:A5判横・7枚組
 頒布価格:1部500円
 送料:140円(1部。2部以上は185円)

 絵:長野亮之介
 編集&DTP:丸山純
 発行:地平線会議
 発行日:2019年3月1日

【絵師啓白】猫は煙のように現れる。トタン屋根の上を歩く足音だけが、ミシリミシリと聞こえる。屋根裏も歩く。描きかけの絵に、足跡が残ってる。暗闇の中、音も無く布団に入り込んでくる。姿が無くても、生き物の気配がそこら中に満ちている。いなくても居る。そんな翳(かげ)のような猫たちの姿を表してみました(長野亮之介)。

表紙
(このページの画像をクリックすると、大きなサイズの画像が別ウィンドウで表示されます)

引越猫
猫とは、危険を少しでも察知すると引っ越しを始めるものなり
鳥追猫
猫とは、人に与えられる餌よりも生来の狩猟本能が強きものなり

蚊取猫
猫とは、暑き折は無防備に腹も曝す姿が愛おしきものなり
足跡猫
猫とは、同居する者に我慢と忍耐と寛容の心を教えるものなり
火鉢猫
猫とは、家の中で一番暖かい処をよく知るものなり
 
初蛙猫
猫とは、好奇心にひたすら導かれて愉快な日々を送るものなり
 

 


●申込書

」(申し込んだのに到着しないなどの問い合わせもこちらへ)


〜〜キ〜〜リ〜〜ト〜〜リ〜〜セ〜〜ン〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

地平線カレンダー2019〜20・申込書

お名前:

ふりがな:

ご住所:

郵便番号:〒

メールアドレス:
(お送りいただくメールと同じアドレスの場合は不要)

部数:

〜〜キ〜〜リ〜〜ト〜〜リ〜〜セ〜〜ン〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


●お支払い方法

郵便振替をご利用ください。

 郵便振替:00120-1-730508
 加入者名:地平線会議・プロダクトハウス

※お手数ですが、通信欄に、「地平線カレンダー代金」とご記入ください。
※いきなりご送金いただくのでなく、かならず先にメールで申し込んでください。
※振り込み手数料のご負担をお願いします。

代金の振り込みは、カレンダーが到着してから、同封の振込用紙を使ってお願いします。後日、地平線報告会の会場でお支払いいただくことも可能です。



to Home
to News Index
Jump to Home
Top of this Section