The Chiheisen News 2021-03

■『地平線カレンダー2021-2022』、完成しました。
今年も、4月始まりです。頒布価格500円。

お待たせしました。恒例の「地平線カレンダー」の今年版がようやく完成しました。今年は長野亮之介画伯の個展が4月開催となり、3月に刊行することかできませんでした。遅くなってしまって、申し訳ありません。今回のタイトルは『佳猫遊月』(かびょうゆうげつ)。『花鳥風月』をもじったもので、昨年のカレンダーでまだ未完成だった絵本『おつきさんとねこ』から新作7点を収録してあります。前年分と合わせると、絵本の絵がほとんどすべて(1枚を除く)揃います。

判型は例年と同じA5判(横21cm×縦14.8cm)、全7枚組。4月始まりなので、来年3月まで1年間フルに使えます。売り上げは地平線会議に全額寄付され、今後の出版活動の資金となります。頒布価格は1部あたり500円。送料は1部140円、2部以上は200円。

お申し込みは、以下の申込書を切り取って「 」までメールでお送りください(リンクをクリックすると、送付先アドレスを取得した新規メールが開きますので、キリトリセンの内側をコピーして必要事項を埋めて送信してください)。

お支払いは、郵便振替で。カレンダー到着後にお願いします(振込用紙を同封します)。いきなりご送金いただくのではなく、かならず先にメールや葉書で申し込んでください。「郵便振替:00120-1-730508」「加入者名:地平線会議・プロダクトハウス」。お手数ですが、通信欄に「地平線カレンダー代金」とご記入いただけると助かります。代金の振り込みは、カレンダーが到着してからでけっこうです。後日、地平線報告会の会場でお支払いいただいてもかまいません。

地平線カレンダー2021〜2022
佳猫遊月(かびょうゆうげつ)
絵本『おつきさんとねこ』の世界・2

 判型:A5判横・7枚組
 頒布価格:1部500円
 送料:140円(1部。2部以上は200円)

 絵:長野亮之介
 編集&DTP:丸山純
 発行:地平線会議
 発行日:2021年4月16日

【絵師啓白】絵本『おつきさんとねこ』の絵を描き始めたのはコロナ禍の前だ。その後ガラッと変化した前代未聞の日常を経験し、この春に続きを制作して完成した。それまでの当たり前の世界から不意に引き離され、森の中で孤独を月に癒される猫の姿は、不思議と今の世の中を反映しているように見える。見守る月の下で逞しく生きる命が少しでも描けていればと思う。(長野亮之介)

その日 まんまるの おつきさんは ねこと ねこのいる森をこれいじょうないくらい 金色に 照らしました。

そして この空から たくさんの いきものが 生まれ 死んでいくのを 見まもってきました。
空には 星の小さな光しか みえません。「おつきさんが いなくなった」 ねこは 苦しくて うごけないまま 涙を流しました。
まんまるになった夜 おつきさんは うす白い輪を いくえにもまといながら銀色の光りを さらさらさらさらと 空いっぱいに まきました。
ねこは 自分を照らしている 光りに きがつきました。星の光りでしょうか?いえ それは 細い細いおつきさん。 おつきさんが ふとくなったり 細くなったりをいくども いくども くり返した ある日……。
(このページの画像をクリックすると、大きなサイズの画像が別ウィンドウで表示されます)
森と暗やみと よくわからない いきものの声に おびえながら ふるえ うずくまることしか できなかったのです。  

 


●申込書

」(申し込んだのに到着しないなどの問い合わせもこちらへ)


〜〜キ〜〜リ〜〜ト〜〜リ〜〜セ〜〜ン〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

地平線カレンダー2021-22・申込書

お名前:

ふりがな:

ご住所:

郵便番号:〒

メールアドレス:
(お送りいただくメールと同じアドレスの場合は不要)

部数:

〜〜キ〜〜リ〜〜ト〜〜リ〜〜セ〜〜ン〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


●お支払い方法

郵便振替でお願いします。

 郵便振替:00120-1-730508
 加入者名:地平線会議・プロダクトハウス

※お手数ですが、通信欄に「地平線カレンダー代金」とご記入ください。
※いきなりご送金いただくのでなく、かならず先にメールで申し込んでください。
※振り込み手数料のご負担をお願いします。

代金の振り込みは、カレンダーが到着してから、同封の振込用紙を使ってお願いします。



to Home
to News Index
Jump to Home
Top of this Section